Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パナソニック電気圧力鍋SR-MP300で作る黒豆の味や量は?

おせち料理

今回は、電気圧力鍋でおせちの定番料理、黒豆を作ってみました。

本当に簡単にできるか?
実際の味はどうだったか?
量はどのくらいできたか?
パナソニック電気圧力鍋の使い勝手や感想をレビューしたいと思います。

材料・作り方

材料

 

 

 

 

黒豆 200g

●塩   小さじ1

●水   600cc

★砂糖 200g

★濃い口しょうゆ 小さじ2

キッチンペーパー 1枚(落し蓋代わりに使う)

作り方

1黒豆は、水でよく洗い、●に一晩漬けます。

つけ汁は捨てずに、次の工程で使います。

 

 

 

 

 

↑洗って、一晩漬けたものを、ザルにあけます。

2圧力鍋に1のつけ汁と、★印を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つけ汁↑と★砂糖と★濃口しょうゆを鍋に入れて、砂糖のざらつきがなくなるまで、ゴムベラでよく混ぜます↓

 

 

 

 

 

 

ここに、1の黒豆を加えて、よく混ぜます↓

 

 

 

 

 

 

 

キッチンペーパーを落し蓋代わりに黒豆の上にかぶせます↓

 

 

 

 

 

 

 

3蓋を閉め、おもりを【密閉】に合わせ、【自動調理6】で調理をスタートする。

 

 

 

 

 

 

 

ピンが上がって、調理が始まるまでの余熱時間は約12分でした。

 

 

 

 

 

 

 

↑【自動調理6】の調理時間は25分でした。

 

4加熱調理が終わり、圧力表示ピンが下がったら、【取消/切】ボタンをおして蓋を開ける。

ピンが下がるまでの蒸らし時間は約20分でした。

蓋を開けてみました↓

 

 

 

 

 

 

キッチンペーパーはそのままの状態で、室温になるまで冷まします。

放置することで、黒豆にしっかりと味がしみこみます。

放置した後の黒豆です↓

ふっくらツヤ良く出来上がりました!(^^)!

 

 

 

 

 

 

小鉢に盛ってみました(*^▽^*)

 

 

 

 

 

出来上がりの味は?

美味しい‼( ´艸`)

お正月に売ってるスーパーの黒豆って、甘すぎて苦手なんです💦

このレシピの甘さなら、大丈夫でした!

子供達からの評判も、美味しい‼っとの事でした。

やったねヽ(^o^)丿

量は十分足りたか?

十分です。おせち料理に作る量としても、ちょうど良さそう。

すぐにできるから、正月になくなってから作る感じでも大丈夫そうです。

黒豆を一晩つけるので、前日の用意を忘れないようにしなくっちゃ(;^ω^)

トータルの調理時間はどれくらい?

余熱時間が12分、自動調理時間が25分、蒸らし時間が20分。

トータル約60分

黒豆を洗って、調味料を混ぜて溶かした以外の工程は、

お鍋に任せっきりだったので、手間なし、楽チンでした(^_^)v

電気圧力鍋SR-MP300の操作は簡単?

操作は、とっても簡単でした。

おせち料理の黒豆が簡単にできる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手間なく、簡単に、好みの甘さに黒豆が作れます。

毎年のお正月が楽しみです。

 

電気圧力鍋SR-MP300で黒豆を作った感想・まとめ

黒豆を前日に洗って、調味料を計量して、混ぜて溶かして、後はお鍋に全部入れるだけ。

忙しい年末にはかなり重宝しますね。

好みに応じて、砂糖の量(甘さ)を調整できるのも手作りならではのメリットです‼

総合評価としては、簡単に出来ちゃって美味しくって、良い( ´艸`)

総合評価

★★★★★

味も量も合格です‼
簡単にできるので、無くなってから作ることができます♪

こんなに簡単なら1年中、黒豆食べられそう(*^▽^*)

 

 

タイトルとURLをコピーしました