Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パナソニック電気圧力鍋SR-MP300で作るポトフの味や量は?

カレー・シチュー・おでん

0寒くなってくると、体が温まるものを食べたくなりますよね(;^ω^)

電気圧力鍋を使うと、ほったらかしで、簡単に、ポトフを作れると聞き、早速、作ってみました。

評判どおり、簡単にできるか?
実際の味はどうだったか?
量はどのくらいできたか?
パナソニック電気圧力鍋SR-MP300を使ってポトフを作った感想をレビューします。

 

材料・作り方

材料(4人分)

●鶏モモ肉 400g⇒注1※

●玉ねぎ 小玉1個150g(くし切り)

●人参 1/2本100g(大きめの乱切り)

●ジャガイモ 小4個200g(皮をむく)

●キャベツ 小1/2個100g(芯を残して4つにカット)

●セロリ 中1本80g(筋を取って、斜め切り)

●水 600㏄

●ローリエ 1枚

●固形スープの素 1個

☆ブロッコリー 1/2株(子房に分けて茹でておく)

塩、胡椒 少々

粒マスタード 適量(好みで)

注1※ レシピでは、牛すね肉になっていましたが、牛すね肉が見つからなかったので、鶏モモ肉を使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

作り方

1野菜をカットする。

 玉ねぎ⇒くし切り

人参⇒大きめの乱切り

ジャガイモ⇒皮をむいてそのまま使う

セロリ⇒筋を取って、斜めにカット

 

 

 

 

 

 

 

キャベツ⇒芯を残して、4つに切る。

 

 

 

 

 

2圧力鍋に肉と1の野菜と●印を入れる。

 

 

 

 

 

↓キャベツを入れて、

 

 

 

 

 

 

↓人参、ジャガイモを入れて、

 

 

 

 

 

 

↓セロリを入れて、

 

 

 

 

 

↓水と固形スープの素を入れて、

 

 

 

 

 

 

3蓋を閉め、おもりを【密閉】に合わせ、【圧力調理/15分】で調理をスタートする。

 

ピンが上がって、調理が始まるまでの
加圧時間は約23分でした。

圧力調理時間は15分

4待っている間に、ブロッコリーを茹でておく。

ブロッコリーを子房に分けて、

 

 

 

 

 

 

電子レンジ又は、鍋で茹でる。

 

 

 

 

 

↓色鮮やかにゆで上げると、ポトフに入れてもキレイです。

 

 

 

 

 

5加熱調理が終わり、圧力表示ピンが下がったら、
【取消/切】ボタンを押して蓋を開ける。

ピンが下がるまでの
蒸らし時間は約38分でした。

 

蓋を開けてみました↓

 

 

 

 

 

最後に、茹でたブロッコリーを加えて完成です‼

 

 

 

 

 

 

皿に盛って、好みで粒マスタードを添えて食べます。

 

 

 

 

 

 

出来上がりの味は?

とっても美味しい‼( ´艸`)

鶏モモ肉も柔らかくて美味しい‼

ジャガイモや人参もホクホク!

鶏モモ肉でも美味しいし、ソーセージでも美味しそうです!

子供達の評判もとっても良かったです。

 

5人家族で足りたか?

今回は、レシピの量で丁度いい量でしたヽ(^。^)ノ

 

トータルの調理時間はどれくらい?

加圧時間が23分、圧力調理時間が15分、蒸らし時間が38分、

トータル75分

材料を入れてセットしたら、後は、お鍋に任せっきりです(^_^)v

調理時間は長いですが、ほったらかしに出来るから、他の家事をしながら、出来上がりを待つ感じです。

 

電気圧力鍋SR-MP300の操作は簡単?

操作は簡単でした!

2~3回、操作したら慣れるので、ほんと、お年寄りのお家にもおすすめですね!

火を使わないですむので、子育て世代にもおすすめですね。

電気圧力鍋SR-MP300でポトフを作った感想・まとめ

材料を切って、調味料を計量して、お鍋に全部入れるだけ。

簡単で、美味しかったから、ポトフも良かったです。

 

総合評価

★★★★★

家族からの評判も良かったです!

忙しくても、簡単に味のしみた美味しいポトフができました!(*^▽^*)

 

タイトルとURLをコピーしました