Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

電気圧力鍋 人気のパナソニック機種で簡単蒸し野菜の作り方

野菜料理

今回は、電気圧力鍋でカボチャやジャガイモを蒸してみました。

本当に簡単にできるか?
実際の味や食感はどうだったか?
量はどのくらいできたか?
蒸す時間はどのくらいかかったか?
パナソニック電気圧力鍋の使い勝手や感想をレビューします。

材料と必要なもの

  • 電気圧力鍋に入る大きさのカボチャ(牛乳パックは大きさの目安で置いてみました)
  • 蒸し器(パナソニック電気圧力鍋には、セットの中についています)
  • 水 100㏄

 

 

 

 

 

 

 

電気圧力鍋で野菜を丸ごと蒸す方法

1電気圧力鍋に、蒸し器をセットして(鍋の底に置くだけです)、水を注ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑蒸し器の上までは、水はこない感じです。

2カボチャを入れます。

 

 

 

 

 

上から見た感じ↓

 

 

 

 

 

 

かぼちゃの横に隙間があったので、他の野菜も一緒に蒸してみることにしました。

 

 

 

 

こんな感じでカットして、鍋に入る量だけ入れてみました↓

ここでの注意は‼

蒸し器の下に落ちないように、大きめにカットする事です。

 

 

 

 

 

 

3蓋を閉め、おもりを【密閉】に合わせ、【圧力調理/20分】で調理をスタートする。

かぼちゃが柔らかくなりすぎたので

15分で良かった(^_^;

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンが上がって、調理が始まるまでの加圧時間は約12分でした。

圧力調理時間は20分

 

4加熱調理が終わり、圧力表示ピンが下がったら、【取消/切】ボタンを押して蓋を開ける。

ピンが下がるまでの蒸らし時間は約20分でした。

蓋を開けてみました↓

 

 

 

 

 

 

 

 

かぼちゃもジャガイモも柔らかくなっています。

煮崩れも、していません!

すごーーい(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャガイモやサツマイモはカットしてあるので、トングで取り出せました。

かぼちゃは、トングでは挟めなかった(;^ω^)

電気圧力鍋に付属でついてきたオタマで持ち上げて、よっこいしょと取り出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お皿に出しまして、そのまま食卓へ‼

 

 

 

 

 

 

塩をちょんちょんとつけて、食べても良し。

サラダにしたり、じゃがバターにしても良し!

かぼちゃは、ハロウィンも間近だったので、ジャックオランタンにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サツマイモの中身を取り出して、カボチャケーキにしてもOK。

 

 

↓お鍋に残った水分は、70㏄程でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

水分がなくなってしまうって心配はなさそうです。

野菜からも水分が出るのかな⁈

 

出来上がりの味は?家族の反応は?

美味しい‼( ´艸`)

子供達からもパパからも、ホクホクで野菜の甘味?とにかく美味しい‼とのことでしたヽ(^。^)ノ

簡単に温野菜が作れて、嬉しいですヽ(^o^)丿

家にある野菜を蒸しておくだけでも、一品になりますね(*^▽^*)

電気圧力鍋で作る蒸し野菜の量は?

お鍋にいっぱいできるから、5人家族でも一回では食べきれませんでした!

翌日の朝ごはんで食べきりました。

トータルの調理時間はどれくらい?

加圧時間が12分、圧力調理時間が20分、蒸らし時間が20分。

トータル約52分

最初に蒸し器をセットして、野菜を突っ込むだけなので、超簡単楽チンです。

ほったらかしです。

電気圧力鍋SR-MP300の操作は簡単?

操作は、とっても簡単でした。

電気圧力鍋SR-MP300で蒸し野菜を作った感想・まとめ

レシピには載っていなかったのですが、やってみたら簡単に美味しく出来上がりました( ´艸`)

これで、野菜がたくさん食べられます(*^▽^*)

作り置きおかずとしても一年中、重宝します!

 

総合評価

★★★★★

 

タイトルとURLをコピーしました