Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パナソニック電気圧力鍋SR-MP300で作る栗きんとんの味や量は?

おせち料理

今回は、電気圧力鍋で栗きんとんを作ってみました。

口コミ通り、本当に簡単にできるか?
実際の味はどうだったか?
量はどのくらいできたか?
パナソニック電気圧力鍋の使い勝手や感想をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

材料・作り方

材料

●サツマイモ 500g(皮をむいて正味400g)

●水   100cc

★砂糖 100g

★みりん 100cc

★塩 小さじ1/4

★レモン汁 小さじ1

★栗の甘露煮の汁 適量

クチナシの実 1個

栗の甘露煮 150g

作り方

1さつま芋は、厚さ2㎝の輪切りにします。皮を厚めにむいて、水にさらします。

 

 

 

 

 

2圧力鍋に1と●水を入れます。

クチナシの実を入れると、鮮やかな黄色になります。

 

 

 

 

クチナシの実を砕いて、お茶パックの中に入れます↑

 

↑鍋に入れて、一緒に調理します。

3蓋を閉め、おもりを【密閉】に合わせ、【圧力調理/3分】で調理をスタートする。

ピンが上がって、調理が始まるまでの加圧時間は約8分でした。

4加熱調理が終わり、圧力表示ピンが下がったら、取消・切ボタンをおして蓋を開ける。

 

蓋を開けてみました↓

スポンサーリンク

 

柔らかくなっています。

色は期待していたほど、ついていませんでした(;´Д`)

クチナシの実をもう少し細かく砕いて、しっかり水に浸した方が良かったかもしれませんm(__)m

5煮汁を少し捨てて、サツマイモが熱いうちにつぶします。

我が家は、フードプロセッサーでギュイーーンとマッシュします。

きんとんの場合、数秒で出来てしまいます(^_^)v

 

 

 

 

フードプロセッサーがあると、さつまいものマッシュとかポタージュスープが、あっという間にできますよ(^_^)v

 

6★を5に加えて、鍋に戻します。

 

【煮込み/20分】に設定して、混ぜながら煮詰め、ツヤが出るまで混ぜます。

 

艶がでたら、栗を入れて、栗がつぶれないように優しく混ぜます。

混ざったら、【取消/切】ボタンを押します。

出来上がりの味は?

美味しい‼( ´艸`)

お正月に売ってる栗きんとんって、甘すぎて苦手なんです💦

このレシピの甘さなら、大丈夫でした!

子供達からの評判は、普通に美味しいっとの事でした‼

(反抗期の子供たちの普通って、最高の誉め言葉だと勝手に思ってます( ´艸`)

量は十分足りたか?

十分です。おせち料理に作る量としても、ちょうど良さそう。

すぐにできるから、正月になくなってから作る感じでも大丈夫そうです。

 

トータルの調理時間はどれくらい?

加圧時間が8分、圧力調理時間が3分、蒸らし時間が15分。

煮込み(混ぜ)時間は20分。

裏ごし時間を除いて、

トータル46分

サツマイモを裏ごしするまでの12分はお鍋に任せっきりだったので、手間なしでした(^_^)v

煮込みを開始した後は、こげないようにプチ付きっ切りがちょっと手間でした。

電気圧力鍋SR-MP300の操作は簡単?

操作は、とっても簡単でした!

電気圧力鍋SR-MP300で栗きんとんを作った感想・まとめ

材料を切って、調味料を計量して、お鍋に全部入れるだけ。

忙しい年末にはかなり重宝しますね。

好みに応じて、砂糖の量(甘さ)を調整できるのも手作りならではのメリットです‼

総合評価としては、簡単に出来ちゃって良い( ´艸`)

総合評価

★★★★★

味も量も合格です‼
簡単にできるので、無くなってから作り直すこともできます♪

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました