Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パナソニック電気圧力鍋SR-MP300の内径や高さについて

その他

茶碗蒸しを作る時に一番困ったのが、鍋にどれくらいの大きさの器が入るか⁈でした。

パナ電気圧力鍋のうち鍋の内径や高さ、蒸し板を設置した状態での内径や高さを調べました。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

パナソニック電気圧力鍋SR-MP300の鍋の内径や高さの実寸

  • 底面の直径は約14cm、底面から鍋のふちまでの高さは約12.2cm

 

 

 

底に蒸し板を敷いて、その上に茶碗蒸しの容器を置くことになります。
茶碗蒸しの容器の大きさは、”蒸し板を置いた時のうち鍋の内径”が大事になってきます。
  • 付属品の蒸し板は直径約13.6cm、高さ2㎝

  • 蒸し板を置いた状態でのうち鍋の内径は17cm(直径)

  • 蒸し板面からうち鍋のフチまでの高さは約10cm

 

  • 蒸し板面から高さ3㎝のあたりからフチ(上部)までの内径は18cm

若干、上に行くにつれて大きくなっています。

スポンサーリンク
鍋のフチに近い部分の内径の様子です。
正確には図れませんがm(__)m
イメージこんな感じ!という事でお許しください。

 

アバウトな感じですが、フチの部分は18cmより少し大きくなっています。

 

  • 実際に茶碗蒸しの容器を並べてみた
コップを並べて入れた状態の画像です。

太めのコップは、直径約7.3cm、細めのコップは、直径約6.3cm

 

 

 

 

取り扱いレシピでは、直径7cmの耐熱容器4つが入ることになっています。

うちの場合、7.3cmと少し大きいと4つは入らなかったので、残り1つは細めコップを入れて、少しゆとりがあるような感じでした。

実際に茶碗蒸しを作った時の写真がこちら‼

 

 

高さは、太めコップが約7cm、細めの背の高いコップが9cmです。

蒸し板から、鍋のフチまでの高さは約10cmなので、当たらず蓋をすることが出来ています。

我が家の場合は、今の所、”す”も入らず上手に蒸せています。

パナソニック電気圧力鍋SR-MP300の内径や高さについてのまとめ

  • 底面の直径約14cm
  • 底面から鍋のフチまで高さ12.2cm
  • 付属品の蒸し板は、直径約13.6cm、高さ2㎝
  • 蒸し板を置いた状態でのうち鍋の内径は17cm(直径)
  • 蒸し板面から、うち鍋のフチまでの高さは約10cm
  • 蒸し板面から高さ3㎝のあたりから上部(フチ)までの内径は18cm
  • 我が家の場合は、直径7.3cmの耐熱コップ3つと、直径約6.3cmのコップ1つを使用しました。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました