Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パナソニック電気圧力鍋でマーマレード簡単自家製ジャム

おやつ スイーツ

今回は伊予柑のマーマレードを作りました。

簡単に自家製ジャムが出来上がりました。

スポンサーリンク

マーマレードの材料と作り方

材料

清美オレンジ 2個(240g)→伊予柑で作りました!

水 50ml

砂糖 120g甘さは好みで加減する。保存する時は、砂糖の分量を増やす。

 

砂糖の分量を減らしたり、増やしたり、好みで出来るのは、自家製ならではメリットですね!

 

作り方

1別の鍋にお湯を沸かし(分量外)、オレンジを丸ごと3分茹でます。

(目安は、表面の皮が柔らかくなる程度)

 

透明だった水(お湯)が皮のオレンジ色に染まります。

オレンジは、皮ごと食べるので無農薬が良いですね!

 

皮が、柔らかくなります↓

 

 

2. 1を縦半分に切り、5mm厚さにスライスして、種を取り除く。

↓写真は横半分に切ってしまいました(^_^;)本当は縦半分に切ります!

 

3電気圧力鍋に、2と水、半量の砂糖を入れる。

マーマレードの材料の伊予柑を電気圧力鍋の中に入れます。

オレンジ(伊予柑)を入れ、砂糖は半分の量を入れます↓

マーマレードの材料の砂糖の半分の量を入れます。

 

4蓋を閉めて、オモリを【密閉】に合わせ、【圧力調理/10分】で調理をスタートさせる。

圧力調理10分で調理する。

柑橘の量を1.5倍の360gでの加圧時間は7分圧力調理時間は10分、

蒸らし時間は、約11分でした。

5圧力表示ピンが下がったら、【取消/切】ボタンを押して、蓋を開けます。

スポンサーリンク

圧力調理10分が終わった中の伊予柑の様子

 

6残りの砂糖を入れて、【煮込み/10分】に合わせて、混ぜながらジャム状になる迄、煮詰めます。

蓋をあけて煮込みモードでマーマレードを煮詰める。

 

好みの硬さのジャム状になったら、【取消/切】ボタンを押して、終わりにする。

 

 

電気圧力なべで作ったマーマレードジャムの味や量は?

美味しかったです!

レシピの砂糖の量だと甘すぎるので(我が家では)、レシピの1/3の量で作ります。

柑橘240gに対して、砂糖80gで作っています。

ただ、砂糖の量を減らした場合は、出来るだけ、早く食べることが大事です!
日持ちしにくいので!

我が家では、レシピの量だと1~2回で食べきる量なので(;^ω^)
後日、増量して作りました。

トータルの調理時間はどれくらい?

レシピの総調理時間の目安:30分

オレンジ(伊予柑)の茹で時間3分、

加圧時間は7分、

圧力調理時間は10分、

蒸らし時間は11分、

さらに煮詰める時間5〜10分、

目安時間に、ブラス10分程度大目にかかりました。

マーマレードを増量して作る場合

パンに塗って食べたら、あっという間になくなってしまいましたので(;^ω^)

早速、4倍の量で作りました。

  • 伊予柑960g
  • 砂糖160g
    ⇒さらに砂糖の量はレシピの割合の1/6で作りましたが、甘酸っぱくて好みの甘さです。
  • 水50ml

伊予柑から、果汁が出てきていたので、水分の量は、50mlで調理しました。

加圧時間は13分、
圧力調理時間は10分、
蒸らし時間は18分
でした。

 

コチラが4倍量の伊予柑で作った写真です。

4倍量の伊予柑でマーマレードを作りました

調理Maxの線まではまだまだあったので、5倍くらいは作れそうです!

4倍量の伊予柑の上に砂糖(半分の量)を加えたところ

圧力調理10分が終わった時点での伊予柑の状態です↓

圧力調理10分が終わった時の伊予柑の状態です

煮込みモードで煮詰めていった段階のイヨカン(マーマレード)の様子。

煮込みモードで煮詰めた後のマーマレードの様子

 

たっぷり増量です。しばらく、ジャム作りしなくて済みそう( ´艸`)

ただし、砂糖の量はかなりへらしているので、冷蔵庫保存はマストです!

総合評価

★★★★★

マーマレードの材料は伊予柑でも美味しかったです。

柑橘が色々出てきたときに、簡単に作ることが出来て、大満足です!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました